フロアコーティングはどれぐらいもつの?

フロアコーティングについてご紹介

>

フロアコーティングはどのくらいもつのか

ガラス、シリコンの維持期間

まずガラスを使用したフロアコーティングですが、耐久力に優れているほか、様々な材質に施工が可能なので少々高値ですが、その美しさは20年以上維持することが出来ます。
総合的にみても、耐水性や薬品耐性など優れている面が多いのです。
初期投資をきちんとして美しさが長くもつのであれば、それにこした事はないので持ち家にもおすすめです。

またシリコン樹脂でのフロアコーティングは、柔軟性が高いので塗り直しなども可能です。
維持可能な期間は約10年から20年ほどで、安全性が高く価格も比較的安い為、おすすめです。
ただし施工に対応している業者が少ないので、シリコンでのフロアコーティングを希望するのであれば、早いうちから業者を探す必要があります。

UV、ウレタンの維持期間

UVフロアコーティングは特殊な樹脂を硬化させてフローリングをコーティングする方法で、高い耐久性が自慢です。
ピアノにも使用されるほどの品質を誇るので、耐久可能な年数は約20年以上です。
その分、値段も高価にはなりますが、瞬時にUVコーティングが硬化するので、即入居可能というメリットもあります。

ウレタン樹脂塗料を使用したフロアコーティングの場合は、乾燥に時間がかかるのがデメリットではありますが、昔からある施工方法なので対応業者が多いです。
値段は他のコーティング方法と比べると安価で、その耐久年数は約3年から10年ほどです。
賃貸で部屋を借り、入る際に施工すれば、退去時にも綺麗な状態を出来る限り維持出来るのです。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる